われめDEポン

2012年07月09日


いやあ酷かったですねわれポン(笑)

出場者が萩原聖人、TKO木下、雨上がり蛍原、椿姫彩菜(敬称略)


ワタシはわれポンに於いては聖人の大ファン。
だけどお笑いに於いては木下さんの大ファン。

さあどうする。
木下さんの腕前も未知数。
ちょこっと様子見ようかなと思った途端。

木下さんあんまり麻雀わかってなくね?疑惑が…(´ヘ`;)

そして始まったわれポン。
まあつまんない(笑)ほんとつまんない(苦笑)
聖人がここまで苦しめられているとは…トホホ…
木下さんを応援しようと思ったんだけれどもちょっと申し訳ないがこれでは応援できないって雰囲気がムンムンしてて(´Д`;)

もしかして点数数えられないのかな?(毎回聖人に聞いてる感じ)とか、え!?それ捨てる?と素人のワタシにでもわかるミス(本人はミスと思ってないんだろうけど)をちょいちょいやらかし、えーうそーこんなのちがうーとなってしまったワケですよ。

結局木下さんの暴走を止められず聖人最下位木下さん優勝。
なんか素直に喜べない自分がいてなんともかんとも。

リベンジマッチはあるのかないのか。
そちらも楽しみに次の放送を待ってます。

American Idol season11 ~優勝者決定~

2012年06月12日


2月(だったっけ?)から始まったアメリカン・アイドルもついこの先日終わりを迎えました。
今年のフィナーレ過去最低の視聴率だったらしーよー(棒)

もし。
もしもよ。
フィリップとコルトンの決勝だったらどうだろうかとか考えちゃったりしないかい?ワタシはしたよ。そしてこの最低視聴率よりかは良かったんじゃないかと思ってるよ。思ってるさ。ああ本気で思ってるさっヽ(#`Д´)ノ

まあそれはアレしましてですね。
フィナーレなので脱落していったコンテスタンツも戻ってくるわけですよ。もちろんコルトンも。コルトン単独のソロはなかったものの、グループパフォーマンスでは心なしかコルトンのソロパートが多かったような気がする。

ゲストもたくさん出てきます(ワタシが印象に残ったのだけ載せる)。

こちら。

シーズン3優勝者ファンテイジアさんと歌い踊るジョシュア。ジョシュアはまあいいとして。ファンテイジアさん、出てきた瞬間ギョッとしましたワタシ。この人こんなだったっけ?確か前にもアメアイにゲストで出てたけどこんなんじゃなかったハズよね。そうよね。まあすごい迫力です。




ホリーちゃんも帰ってきましたよ。シーズン6の優勝者ジョーダン・スパークスと。だけどホリーちゃんも負けてないでしょ?こんなところまで成長しましたYO。可愛い可愛い。



そして。
最初はジェシカの張り上げ声がくどいだけのパフォーマンスにしか見えなかったこちら。

アメアイ史上歴史に残るであろう顔芸対決に仕上がっております。ひぃぃ腹痛い。本家のジェニファー・ホリデイさんこれっぽっちも容赦しない。その挑戦を受けてジェシカも頑張ってはいますけれども(確かにすごいけど)それがかえって痛々しく見える。誰かこの子に若々しい歌い方ってのを教えてあげて。そしたらこの子無敵だと思うんだけどな。歌は上手いんだから。




そして。
優勝者決定の瞬間(だいぶ飛ばしたけど・笑)。



優勝はフィリップ・フィリップス!!

わー!おめでとーーーう!!!
思えば予選会場に来た時から優勝候補だって言われてたような気がする。本人の耳にもそれは入っていただろうから相当なプレッシャーもあったんだと思う。持病が悪化して体調が万全でない中で勝ち進んでいかなければならなかったってのもさぞ辛かっただろうに。いつも飄々としていたけど手術を延ばしてまで挑戦し続けたってのを聞いて1番優勝したかったのはフィリップなんじゃないかと思った。

今年は最初の頃は「ひゃっほー楽しめそうだぜー!」なんて思っていたのだけれども、例のTOP7茶番劇から急に熱が冷めてしまって誰に怒りをぶつけて良いものか、とりあえずヘタな芝居を見せていただきましたJ.LOさんに矛先を向けておきました。

来年はJ.LOさんいないといいNE☆



-おまけ-

ランディがお得意とする「お前なら電話帳でも歌える!」というセリフを受けまして。んじゃ歌ってやろうじゃないかと製作したのがこちら。

そしてコルトンセンター。もうなんなのアメアイ。

American Idol season11 ~さようならホリーちゃん~

2012年05月29日


さて。

アメリカン・アイドルもとうとうTOP4となり、ホリーちゃんうっかり決勝行ってくれないかしらというワタシの思いはどうなりますやら…

でしたが。予想どおり。
ホリーちゃん、TOP4でお別れ。のーーーーーん(ノД`)・゜・。

シーズン11が始まった当初は誰かに肩入れすることなくシーズンを終えるんだと意気込んでいたものの、結局はホリーちゃん御贔屓になってしまってた(´Д`;)だって可愛くってほっとけないんだもんさ!
エリーズの陰に隠れて目立ってなかったけど、地味に毎週ダメ出しされてたのをワタシは知ってるぞホリーちゃんwwだけどエリーズとは逆に(姐さん必ず反論してたからねww)真っすぐな瞳で審査員の言葉をちゃんと呑み込んでるようで、そしてそれを次回のパフォーマンスに活かせるようにと頑張ってた子。ちゃんとテレビの画面からもそれが伝わってきてるから、だからこんなに人気があったんじゃないかな。
誰かが落ちるたびに大泣きしてたのに、自分の最後のパフォーマンスは堂々とやってのけるってどこまでワタシを夢中にさせるのよアナタ。
ホリーちゃんのアメアイの旅はここで終わってしまったけど、これからサマーツアーもあるし、何より将来1番楽しみな子になりました。頑張ってねー!

[ 続きを読む ]

American Idol season11

2012年03月07日


全く気分が乗らないので(仕事のww)ブログでも書く。たいした事は書かないけれども。

今年もこの季節がやってきた。

アメリカン・アイドル シーズン11

昨年は予選の時から「くまをーーー!」とくまを一筋で、彼が脱落してからというものどうでもよくなってしまうというなんとも残念な幕切れだったけれども。

今年はすでにハリウッド予選も終わりラスベガスに場所を移してTOP40が決まっている。今週末にはTOP24がきまるのでなかろうか。

そしてワタシのお気に入りというと。
実は決まっていない。昨年の様に突出して上手いという人はいないものの、みんな均等に上手い。なのであの人もこの人も、という具合になっているので今年はとても楽しんでいる。
今年は女子チームの出来が良いように思うのだけれども他の人はどうなんだろ。男子チームにもそりゃ上手い子はいっぱいいるけど(フィリップは推してますよ、ワタシも)、応援している子は女子の方が多い。まだ人数が多すぎて名前が覚えられていないのがトホホなところなんだけれども。

TOP24が決まれば覚えられるはず。
昨年挑戦していたホリーちゃんもまだ残っている(この子は好きだったので覚えているのだYO)。今年こそはTOP24に残ってほしいなあ。


さていよいよ今週末、何千人という挑戦者の中からまた一歩アメリカン・アイドルに近づく人たちが決まります。予告では数名受かる人がわかってしまいましたけれども(あんな特徴のある子を映すんじゃないよ…)、今からそらもうワクワクしとります。
今のところはネタバレにも遭っていないというそんなワタシにグッジョブ(#`ω´)b

THE MANZAI

2011年12月18日


パンクブーブーが優勝だってー!



ってワタシ観てないんだけどっププッ(`3´)

詳しく言うと最初の2組見て観るのをやめた。



だってチキチキジョニー以外はどーでもよかったんだもーん!


そんな訳でワタシのイチオシ芸人はチキチキジョニーちゃんでした。
大阪に遠征していた頃から面白かった彼女たち。
角座がなくなってからめっきり見る機会もなくなってしまって。
ZAZAで見た時も本当に面白かった。実際その時優勝して東京ライブに出ていたし。

そんな2人が全国の人たちに名前を知ってもらえる大チャンス。
THE MANZAIの決勝大会に出ることになって。それはもう大騒ぎださ。
いつもどおりの彼女たちの漫才なら大丈夫!と彼女たちのネタを見た後はチャンネルを変えた(笑)その後戻ることはなかったんだけどねww

だけどあの場に笑いの神様がいたとしたなら、間違いなく彼女たちに降りてきていたと思う。グループを勝ち抜けることも優勝もできなかったけど「爪あと」はがっさり残したと思う。たけしさんにも天野くんにもいじってもらえた。それが自分の事のように嬉しかった。

とにかくチキチキジョニーのお二人。お疲れ様でした。来年はなんとかして見に行きます。


チキチキジョニー、きますよ。

The Glee Project -優勝者決定-

2011年12月08日


The Glee Projectも終わりました。
キャメロンが抜けてからというものすっかり興味もなくなってしまい、PCしながら鑑賞する余裕もあるほど。PCしながら鑑賞ってほとんど観てないんすけどね。ペロッ。

最終回だからという事で、今までに落ちていったコンテスタンツが戻ってまいりました。そうあの頃の12人勢揃い。
思えば最初の12人全員揃ってた頃が1番楽しかったし面白かったよなあ、としみじみ思ったりなんかして。いや12人じゃなくてその前のオーディションの時だよな良かったのって。
んでも今日だけでもキャメロンの動く姿が観れてよかったよね、と自分に言い聞かす。ダミアンが真っ先に抱きついたのがキャメロンでなんかなんだかもう胸がいっぱいよね(ノД`)・゜・。

課題曲は「Don't Stop Believin'」
そしてMVは「Raise Your Glass」やっと観れるわあ。1回目の放送ラストでちらっとMVが流れて以降全く流れる気配がなかったこのMV。最終回のものだったのねえ。というかがっさりネタバレだったわけね。誰も気づかんかったってだけで。

まあそんなこんなで決まりましたよ優勝者(だいぶ省略・笑)。


優勝はサミュエルとダミアン。2人同時優勝。
残ったリンジーとアレックス、こちらは準優勝という事で2話分の出場権をもらいました。

キャメロンにメロメロだったワタシはもちろん素直に喜べず(´Д`;)
あの場にキャメロンがいるはずだったのに…とかキャメロンがいたらどうなってたかな…とかいろいろ思っちゃってどうもむーーーーーーんとした気持ちで終わりました。

実はそこにはその後の話がありまして。
放送にはなっていませんが「ファン投票」なるものが存在しまして、なんとキャメロン第1位に輝きました。そしてそして賞金10,000ドルを手にしています。10,000ドル、ファン投票なのに10,000ドル。こっちの方がおいしいんじゃないのか?と思ってしまいましたわよワタシww副賞としてキャメたん(もはやキャメたんと呼ぶ)ソロのMV撮影。

が。

キャメ子たん(キャメ子に変更)、相当ダミアンが好きなのかなんだか知らないが、ソロMVをデュエットMVにしてダミ男と共に撮影したようです。
更に驚くことに賞金の10,000ドル、何に使ったのかと申しますと、これまた大好きなダミ男と共にアパートを借りて暮らす資金にしたそうです。もう大好きなのねあなたたちwww
ダミ男ちゃんのGlee出演エピも放送されたようだし、キャメ子たんの新曲もiTunesで購入できるようになってます(「Not Going Home」元気な曲ですYO)。
みんなのこれからの活躍に期待しましょねーーーーーヽ(・∀・)ノ

そのデュエットMV。対談ぽいのも収録されてます。誰か字幕つけて。本気でスピードラーニングやろうかと考え中だ。

The Glee Project ~ありがとうキャメロン~

2011年11月07日


Glee Projectもいよいよ終盤戦。
あと2,3回で優勝者が決まると思います。

が。

今日は大事なエピソード。
ここ数週で一気にボトムの常連になってしまったお気に入りのキャメロン。
どうもキスシーンのあたりからモヤモヤしだしていたようです。宗教の云々とかで彼女以外の人とのキスには抵抗があるようでした。

課題曲の時は彼なりに冒険している、そんな風に思っていたのだけれども。MV撮影の時にはなんかこう、本当はやりたくないんだけどやらなきゃ…なところが見え隠れしていたような気が。

そしてやはりというか何というか今週もボトム入り。
ライアン姐さんも成長しないキャメロンにイラっときている様子だったのだけれども、恐らく、これは本当に恐らくだけれども「ブラックバード」を聞いて気持ちが少し変わったのかな、と。興味深いし創作意欲が湧くと言っていたっけ。

そんなキャメロン。
「頑張ってる子が落ちるのに、僕が残っているのはフェアじゃない」と言いだした。そうなの。キャメロンここで辞めるとかいいだしたの。ここ数週ずっと悩んでたんだって。眠れなかったりもしたんだって。ずっと抱えてたんだと思う。だから涙があふれちゃったんだと思う。
控室に戻ったキャメロンに姐さんが説得に参ります(すっごい期待されてたのがここでもわかる…)。彼なら最後まで残るだろうし、何より姐さんは彼のキャラを既に考えていたようで。この時点でキャメロンの合格は決まっており、脱落者はダミアンだという事も告げられた。すごく期待はしているけど最後はキャメロンに決めて欲しいと。

キャメロンの答えは「帰ります」でした(ノД`)・゜・。

正直優勝者が誰かも知っていたしキャメロンが途中で落ちるんだとも思ってた。だけどこんな終わり方ってないわよねえええええええ(号泣)
でも姐さんも他のグリプロ視聴者もみんな「キャメロンは俳優向きじゃない」と言っていた。彼はシンガーなんだって。ワタシもそう思う。誰かのカバーじゃなくて彼自身の言葉で歌うのが一番輝くんだと思う。

ありがとうキャメロン。
この番組に参加してくれて本当にありがとう。
FireworkのMV観て「どれもパッとしないわあ」なんて言ってごめん(笑)
君のいた数週は本当に楽しかった。どんな歌声を聴かせてくれるのか毎週楽しみだった。
次に会うのは君のソロデビューの時だと信じてるよっヽ(・∀・)ノ


そんなキャメロンのBlackbirdはこちら。


最近の記事

いま: