NY OPEN

2018年02月19日


ニシコリくんのNY OPENが終わりました。
と同時にワタシのNY OPENもww

結果はベスト4。
まだ復帰途上にある中でベスト4という結果はワタシは上出来だと思いました。
がしかし。
ニシコリくん本人は悔しいと思っていた様子。
これはとても良いことですよね。もうそんな風に思えるまでに回復しているのではないかと思っています。
いやーだけど第1セットのあの感じを観てしまったら「今日はダメかな…」なんて一瞬思ってしまったよね(;'∀')

復帰途上だと言い聞かせてるのは我々ファンのほうなのかもなーと思ったよね。
まだまだだと思っていたから悔しさは横に置いといて、なんてしてしまったけど彼のあの言葉を聞いてワタシ達ももう悔しがってもいいのかな、と思いました。

ひっさびさに気合の入った「Come On!」の声も聞けて嬉しかったし。
ああやっぱりキミの居場所はここなんだよ、と改めて思いました。
やっぱりトップ選手と試合すると自然とプレーの方も引きあがってくるのかな、と。

次はアカプルコ。
NYに出ていた選手よりももっともっと強い選手たちがニシコリくんの復帰を出迎えてくれます。
こちらもどうなるかはわからないけれど、みんなに引っ張り上げてもらえるといいなと思います。

◇◇◇◇◇

あ、そうそう。
まいたんどうしてるのかな、と思ったらフォロワーさんの情報によりニューヨークに帯同していることがわかりました。
そして試合も客席で観戦しているのを確認できました。目立った動きはしないもののポイントが決まれば拍手をし、たまにはガッツポーズなんかも入れながら応援してくれていましたよ(*'ω'*)


◇ニシコリくんとまいたんを応援しています◇

Welcome back KEI !!!!!

2018年02月08日


遅ればせながら。

ニシコリくん優勝おめでとう!
そんでおかえりなさーーーーいヾ(*´∀`*)ノ


ニューポートビーチでの初戦敗退の後はどうなるかと思っていたのだけれど。
まあワタシはあの初戦負けは不思議と何とも思わなかったんだけれども(試合勘全くなかったし)。
ほら怪我から復帰してきたってのに相変わらずTwitterでは負けると辛辣なコメントが溢れるというかなんというかね。
あれがダメだったここがダメだった、しまいには技術的な事まで口出ししたりして。
あの技術的なことをあれこれ言う人ってなんだろうと思わないみんな?
ニシコリくんプロだよ?もう10年プロでやっていてGSの決勝にも行ったことのある人に、ちょっと自分がテニスやってるからって技術的な事に文句言うのとっても勇気がいると思うんだけど恥ずかしくないのかな。
…と思うんだけど。
まあいっか。

そんでダラス。
初戦から観ましたけれども、初戦もミスは多かったけどそんなにダメ出しするほど?ってくらい試合中のツイートは見てられなかったなぁ(-_-;)
なんだろねダメ出ししてないとあなたしんでしまうの?ってくらいダメだダメだのオンパレードで気が滅入る(笑)
ワタシが観た印象では初戦から決勝戦までずーっと練習してるみたいでした。
ほんとに試合なのかな?てくらいスイングが練習ぽくて、だけど決勝の時のニシコリくんはさすがTOP10選手というくらいの貫禄がありとても逞しく見えた。
マクドナルドの打ってくるボールに対してニシコリくんは「ほらどこにでも打ってきなよ」というような。
ああこの人やっぱりすごい人なんだなぁと再認識いたした次第です。

次はNY OPEN。
ワンランク上の選手たちの待つツアーに戻ります。
どんな結果になるかわからないけれど、戻ってこれてよかったなと思える結果になりますように。

◇ニシコリくんとまいたんを応援しています◇

Semi Finalist

2018年01月26日


ワタシの全豪オープンもほぼ終わりww

女子は応援している2人が揃って決勝に進出してくれたのでもうあとはどちらが優勝しても大丈夫。一体何が大丈夫なんだかわかりませんけどw

そして男子。

ワタシが常日頃からニシコリくん以外で応援しているあの子。

そうカイル・エドマンド。

なんと彼が準決勝まで進んでくれました。
準決勝ではどこか痛めたらしく満足に走ることもできない中、最後までリタイアすることなく頑張ってくれました。
思えばドローが発表になった後、初戦の相手(ケビン・アンダーソン)を見て1回戦で散ってゆくんだと思っておりました(ごめんカイル(^^;
それなのにあのタフマッチを乗り越え2回戦ではストレートで勝ったものの、それ以降は3時間という長丁場の試合を数々乗り越えGS初のベスト4。
準決勝ではカイル本人はきっと満足なパフォーマンスができなかったことで悔しい思いをしていると思います。
でもこれも経験。2週目を怪我なく戦い抜くことの難しさを知ったと思います。

でも初戦のあの白目をむいたあの時からここまで勝ち上がってくれて本当に感謝している。ニシコリくんの欠場が決まった時からワタシの全豪は1週目で終わると思ってたから(度々ごめんカイル(^^;
チョリッ子先生も初戦負けするしシャポくんもツォンガに敗れるなどしてたし、カイルの成長がこんなところで見られるとは思いませんでした。

本当に本当にありがとう。
これからもずーっと応援していくからね!

ワタシの中で1番盛り上がった準々決勝。

クリスマスの練習

2017年12月26日


ニシコリくんがまたもや動画をアップ。
日に日に良くなっているような気がしますけれどもどうか。

クリスマスだけど練習…みたいな感じかな。

ワタシが好きで読ませていただいているフォロワーさんのブログ。
たびたび他の選手とニシコリくんとのプライベートの事を書かれているんだけれど。
今回も本当にうんうんと頷くばかりだった。

他の選手のインスタやツイッターをごらんなさいよ。
ガールフレンドや奥さんとの仲睦まじい様子を誰に遠慮することなくアップしている。
きっとニシコリくんのスマホの中にもあちこちで撮ったガールフレンドの写真が保存されてるはず。いつか買ったデジカメにもきっといろいろ保存されてるはず。


おばちゃんはそれが見たいんだよ!ヽ(#`Д´)ノ


あの忌々しい嫉妬に狂ったババアどもめ。
あいつらのせいでおばちゃんの楽しみが奪われているなんてのが腹立たしくて仕方がない。

よく聞く「あの子と一緒だと幸せになれない」みたいな戯言。

あのね。
幸せなんて当の本人が決める事なんだから、あんたら外野のババアが決める事じゃないでしょうよ。
「私は圭くんのためを思って言っている」なんてさも人一倍心配してますわたしみたいな言い方してるけれども、あの子のためを思うんならもう黙りなさいよ。
ブログの更新がないだの文句言ってるけど誰のせいだと思ってんのよ。
更新したそばからアプリに嫌なコメントが躍るんだからそりゃ書きたくもなくなるってもんでしょう。
ほんといい加減にしろよおまえら。



あらやだ言葉遣いが汚くなってしまったわー
自分でも腹立ちすぎて何書いてるかわからなくなってきたのでばいびー(古)
ってかおれもババアだった!テヘペロ!

◇ニシコリくんとまいたんを応援しています◇

ラケットを握るあの子

2017年10月26日


ベルギーでリハビリに励むニシコリくん。

つい先日ラケットを握って練習する姿がお披露目されました。
最初はかるーいスポンジボール(?)から。
その後普通のボールも打ち出したようで、あのパコーーーンといういい音と共に。
サーブの練習も始めた様子。
少しずつではあるけど本当に前に進んで行ってくれていてとても嬉しい。

下半身のトレーニングも欠かさずやっているようで、心なしかお尻がワタシの心をくすぐる美尻に近づいているような気がする。むふふ(`・ω・´)
トレーナーのロビーも合流してくれているようだし、まだまだトレーニングは続きそうだけど頑張れ頑張れ。
もう頑張れとしか言えない自分がもうっヽ(#`Д´)ノてなるけど…

◇◇◇◇◇

動画のアップに伴いまたしてもアホなコメントが躍る。
どうやらGFの姿が映っているらしく(言われてみればそうだけど、違うかもしれないじゃないか。たぶんそうだと思うけどww)、「座っている人は誰ですか?」ってまあアホなコメント残してくださる。
誰ですかって決まってるだろwwとおばちゃん思っちゃったYO!
文句を言う前に手が使えない時から今までずっとついていてくれたんだから寧ろ感謝しなさい。
まったくもうほんといい加減にしろよ。絶対罰当たるんだから!

◇◇◇◇◇

それにしてもあれだけ長いことベルギーにいたんだから、どっかにお部屋借りてたよね。
ずーっとホテルじゃ休まらないし、近場にお家借りた方がアカデミーにも通いやすいしね。
GFのサポートもあるから借りても大丈夫そうだしね。

そのベルギーから間もなくアメリカに帰るそう。
これからはアメリカでリハビリとトレーニングに励むんだろう。
来月には日本に帰ってこなければならないし、日本にいる間にはスポンサー各社に馬車馬のように働かされると思うとなんだかなーと思ってしまうけど。
とにかく心休まる日本滞在でありますよう。

Diego Schwartzman / ディエゴ・シュワルツマン

2017年10月12日


ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)
1992年8月16日生まれ 25歳(2017.10現在)

アルゼンチンといえばデルポトロが有名ですけれども。
いるんです。ディエゴ・シュワルツマンが。

身長170センチ。
小さいんだけどちょこまか動き回る。

先日の楽天ジャパンオープンにて生観戦し、すっかりファンになってしまいました。
あんな小さいのにとにかく速い。
たくさんスマホに写真を残しておきたかったのに、展開が早すぎて結局コイントスのとこしか撮れてなかった(;д;`)
でもいい。後悔はしていない。
あんな素敵なテニスを生で観られたこと。
感謝します。

ニシコリくんとクレーコートでダブルス組んでほしいというのがワタシの密かな願い。



そんな事もありましたねwww

Kyle Edmund / カイル・エドマンド

2017年10月04日


カイル・エドマンド(イギリス)
1995年1月8日生まれ 22歳(2017.10現在)

ニシコリくんの次にワタシが注目している選手。
それがカイル・エドマンド
現在(2017.10.4)イギリスのNo.2であります。

出会いは2015年デビスカップ決勝。
それが彼のデ杯デビューでありました。
デビューがいきなり決勝てっ( ̄ロ ̄lll)
って思いますわ普通。
しかし試合が始まってからのカイルときたらもう、ベルギーのエース(ゴファン)相手に怖いものないの?緊張とかしてないの?なんて聞きたくなるような堂々とした戦いっぷり。
強烈なフォアハンドの炸裂に思わず「なにこの子ーーーー!」と思ってしまいまして(結局負けたけど)。
そこから彼のと・り・こ♪

去年の初めはまだ100位あたりをウロウロしていたんだけど、全米で自身初の4回戦進出を果たして一気にランキングを上げ現在は50位あたりをウロウロしています。
最近はマレー欠場のデ杯でエースの仕事をきっちりこなすなどして成長もしてきています。ATPツアーでの準決勝進出も。
まだ決勝進出がないのでどこの大会でもいいから1回決勝に上がってもらいたいですね。

よろしくね(´ω`*)


最近の記事

いま: